マラソン 練習

マラソンの練習法で見直されてきているのは、
川内優輝さんの練習法です。

とにかく実践。


普通、フルマラソンを走る場合、1年に1回、2回ぐらいでした。
しかし、川内優輝さんは1ヶ月に1回、もしくはそれ以上走ることもあります。

実践で鍛える。

私のような一般市民ランナーも見習えると部分があります。
大会に出ると適度な緊張感が生まれ、妥協せずに最後まで走りぬくことができます。
練習だと言い訳をしたり、ペースを落としたり。

マラソン 練習

マラソン大会に出るには事前の練習量がものをいいます。
ぶっつけ本番で臨めるほど、マラソンは甘くありません。
というのを私は何度も実感しています。

フルマラソンを走るのであれば、月に200kmの距離はほしいところ。
私は150kmぐらいの距離でしたが、やはり後半の踏ん張りが利かないことも多かったです。

マラソン 練習

マラソンはいきなり走ってしまうと怪我の元。
特に初心者はストレッチ、体操、ジョギング、体の使い方など、
しっかりと覚えた方がもちろん良いでしょう。

ただ、いきなり詰め込んでしまっても続きません。

まずは自分のペースを守って走ってみてください。
そして、走った後に体のどこが痛むか、筋肉痛になるか。
シューズのどの辺が磨り減ったのか?

これらを検証してみて練習方法を徐々に学んでいきましょう。

初心者であれば最初は5km程度から始めてみては。
30分も走れば、有酸素運動になり脂肪も燃焼します。

シューズはもちろんマラソン用を履いてください。
私はアシックスのライトレーサーを履いて練習しています。
長持ちするし、オススメです。